×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヤングガンガン19号 感想文
2006年9月15日発売 300円
■天保異聞 妖奇士
  #1 山神-壱

10月から放映が始まる同名タイトルアニメのコミカライズ作品。
漫画とアニメのほぼ同時スタートによるメディアミックス展開というのは昔からよく行われていることではありますが、スクエニがこれをやるのはエニックス時代も含めても初めてのはず。(たぶん…)
成功するのかどうか楽しみでもあり、怖くもありますね。
アニメの制作会社はBONESなので、個人的には結構期待してはいるのですが。

しかし漫画の方の第1話は、個人的にはかなりイマイチ。
世界観の説明にほぼ全てのページが割かれていて、何をやりたいのかさっぱり分かりませんでした。
作画も真っ白な背景が多くて全体的に淡白な印象が…。
初っ端からこんな調子では、漫画の方はあまり期待できそうにないというのが正直なところ。


■死がふたりを分かつまで
  第29話 牙-(6)


ただのチンピラを退治するのに、あんなにページ数を割く必要はなかったと思います。
そのせいでほとんどストーリーが進んでないですし。

遥の行動は護への援護だと思いますが、それが今後どう転ぶのか…といったところ。
護の残虐性が遥にバレるのかな?
たぶん予知能力ではその辺りのことまでは分からないようになっていると思うのですが、どうなんでしょう?


■ユーベルブラット
  Der Helmorder《英雄殺し》・III

前回から登場した新キャラの男は、イマイチ漫画的な特徴がないせいで他のキャラと見分けが付きにくいです。
ここ最近のユーベル全体に言えることでもありますが、もっとはっきりとキャラの違いが分かる特徴が欲しいなぁ。

七槍騎士団はこれで全員登場ですか。
エルサリアたんは凄く古典的なツンデレキャラっぽいなぁ…。
塩野先生のことだから、きっと面白い捻りを入れてきてくれるのではないかと期待します。


■WORKING!!
  第?回


まさか、タカナシくん幼年期女装の伏線がこんな形で意味を持つことになるとはなぁ。
伊波さんへのヘアピンプレゼントの絡め方といい、今回は素直に面白いと思えるストーリー展開です。

今回特に面白かった4コマ:『勢いで』、『諦める』、『協力体制』


■すもももももも 〜地上最強のヨメ〜
  42.かなしい咆哮


もも子の霊剣って龍のツメをイメージしていたんですね。
しかし、ちょっと心にグッとくる設定だなぁと思った矢先に、また幽白の霊剣と同じような使い方をしていたので台無しに…。
天我の超回復もどこかで見たような感じなのですが、思い出せないので割愛。

次回で虎金井編がクライマックスということで、そろそろ最終回にした方がキレイに終われるんじゃないかと思うのですが、来月からアニメの放映もスタートするし、孝士が力に目覚めたような描写もあったのでまだまだ続きそうな感じですね。
とりあえずアニメの方は虎金井編が着地地点になりそう。


■ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜
  #41:A crest of flame


いきなり前回と全く違う内容のストーリーになったので、もしかして1話分読み飛ばしたんじゃないかと思いました…。
どうやら今回の話は、24話でイサリがギアナの大穴にある旅の扉に入ったあとの続きのようです。
でも、メインであるはずのアロス達の話が物凄く中途半端なところで止まったままなので、正直この場面転換の仕方はちょっとどうなのかなぁと思いますね。
後になって話は繋がって来るのでしょうけど、それならもっとキリの良いところでやって欲しかったです。

イサリの出身地はジパングですか。
まぁ忍者のような格好をしていたので、当たり前と言えば当たり前だったのですが。
今回、イサリの回想に登場した女王はやっぱりイヨですよね。
ご丁寧に扇子まで持ってましたし。


■ガールズキングダム 前編

なんかこの漫画、ちょっと前に掲載された後藤晶先生の読み切り『カノジョは官能小説家』に似てますね…。
ストーリーは在り来たりな感じで特に面白くもないので、読み切りとしてはただのページ埋めといった印象しかないです。
むしろ、楠桂と大橋薫が一緒の雑誌にいることの方が驚きですね。


■あみーご×あみーが
  GOAL:21

今回はいわゆる修行編かと思いきや、いきなり試合が始まっていてビックリ。
打ち切り目前の漫画みたいな怒涛の展開ですね…。
まぁ実際そうなんでしょうけど。


■ニコイチ
  第26話 お母さんと菜摘さん

…予想の斜め上を行く展開。
青年誌なので何も問題はないのですが、まさかこういう展開になるとはなぁ。
でもこれで一応ストーリーは進展したので、この先マンネリ化しなければ良いかなぁと。


■戦線スパイクヒルズ
  #39 迷路


チサトさんが死んだといってもそのことに関しては何も描かれてないので、もしかしたら生きてるんじゃないかという考えが読者の中にはあると思うのですが、今回はキクチがそのことを代弁してくれてますね。
見事な構成の仕方で、次号の展開が凄く楽しみです。


■荒川アンダーザブリッジ
  第108話 ラストサムライ/第109話 散髪/第110話 ビリーとジャクリーン

ラストサムライが久しぶりに笑いのツボにハマる新キャラで面白かったです。
あとの2キャラに関しては微妙…というか、完全に蛇足のような気がします。
今回のはラストサムライの登場だけで良かったなぁ。


■ムカンノテイオー
  SCOOP.7

ヒゲの思惑通りに平蔵がロクシスのADになり、ここまでで導入部分が終了。
今のところなかなか面白い感じでストーリーが進んで来てますが、ここからどういう展開になるのかが重要なポイントになりそうです。


■はなまる幼稚園
  第2話 はなまるなヒマワリ

今回も山本先生が可愛かった。


■BAMBOO BLADE
  第39話 東とお勉強


ユージVS東で何か新しいフラグが立ったような気がしますが、「原作:土塚理弘」なので特に気にする必要はなさそう。(笑)
それより東がエセ眼鏡っ娘だったことがショックです。


■あいどる
  Stage19 今夜は寝かさねェ

ありがちというか古臭いというか…。
前回の引きから容易に想像出来てしまう面白味のない展開。
そろそろ打ち切りの匂いがして来ても良い頃だと思うんだけどなぁ。

←18号 Home 20号→